qrcode.png
http://www.takashinahousing.com/
モバイルサイトにアクセス!
――――――――――――――
株式会社高品ハウジング
〒264-0024
千葉県千葉市若葉区高品町1585-1
TEL.043-232-7342
FAX.043-232-0696
 ・アパート・マンションの賃貸借
 および管理事業
 ・土地・建物の売買および仲介事業
 ・住宅・アパート・マンション・土地
 有効コンサルティング事業
 ・建築物メンテナンス・リフォーム
 事業
 ・損害保険代理店事業
 ・犬・猫 トリミング、エステ、
 ホテル、フード
077741
 

Q&A

 

Q&A 物件売却について

Q&A 物件売却について
 
不動産を売却する時にどのくらい前に不動産会社に相談したらいいの?
目安として6ヶ月前から相談していただくのがベストです。不動産の売却には、
 1 相談から媒介契約まで1週間~2ヶ月
 2 買主探しで1~3ヶ月
 3 買主様への引渡し・引越まで1~3ヶ月かかるからです。
 住宅を売却すると決めたら、お早めにご相談下さい。 
 
近所に知られずに住宅を売りたいのだけど?
近所に知られずに住宅を売るには2つの方法があります。
 1つは当社の場合、すでに買いたいという管理顧客の約1000人に対してDMや電話又はメールなどによりご案内をすることで販売していきます。
もう1つは、当社が直接買取を行います。
 要するに、広告をしなくても販売できる販売力があること、直接買取を行っていることの2つが不動産会社を選ぶ基準としてあるのだと認識しておいた方がいいでしょう。
 
住宅を売却して新しい住宅に住み替えする場合はどのような流れになるの?
売却と購入のタイミングを揃えるのはとても難しいことです。
 特に新築で住宅の購入をご検討の場合、入居までの時間が長くかかりますので、
すぐに売却してしまうと、仮住まいをする必要が出てきますので要注意です。
しかし、逆に入居直前になって売却しようとすると、想定よりも販売価格を下げる必要がでたり、
 売却できずに購入代金が支払えないということも考えられます。
 当社ではひとりひとりのお客さまに合った売却プランをご提案させていただきますので、 お気軽にご相談ください。
 
 
住宅ローンの返済が滞っている、競売にかかりそうだけど、どうすればいい?
収入面の変化により、住宅ローンに返済が難しくなるケースがあります。 その場合、住宅ローン返済のために新たに借入れをすると、 雪だるま式に借入が増えていってしまいます。 本当に厳しい場合は、任意売却と言って、所有する住宅を売却し、 売却したお金で債務を一括返済を行う方法もあります。 債務が売却額よりも多い場合も、当社が金融機関などと交渉し、 支払額を軽減するなどのお手伝いを行います。 このようなケースでお悩みの方はすぐにでも当社にご相談下さい。 こういう場合は時間が勝負になります。
 
 
やっぱり大手不動産会社がいいの?
売却を任せるには、大手・地元という視点ではなく“早く売却してくれる”会社かどうかをチェックしましょう。
(1) 不動産会社の『集客力』をチェック
 まずは中古物件や土地を購入したいお客様がどれくらい集めているのかをチェックして下さい。
チェックする 方法は『中古物件-土地の物件情報を掲載するチラシ』をどれくらい配布しているのか?
 一番多くチラシを配布・様々な広告活動をしている会社がやはり有力です。
(2)不動産会社の『販売力』をチェック
不動産会社の実績として、どのくらいの契約を行っているかをチェックして下さい。
チェック方法として『営業スタッフ数』を見ましょう。営業社員が1人・2人だと数多くの物件を販売できません。
 営業社員が5人以上の会社をおすすめします。
 
 
不動産会社に住宅の売却を頼んでいるけどなかなか売れない!どうしたらいい?
住宅の売却が長期化してしまうのは主に2つの原因があることが多いです。
 1つは価格が高いこと。
 周辺の住宅相場価格と比べて高い価格では当然ながら売れにくいです。
 当社の査定サービスをご利用下さい。
 当社でも売却価格をチェックするサービスを行っています。
もう1つの原因は「任せている不動産会社の販売力が弱い」ことです。
 住宅などの不動産を売却しようとすると、その不動産会社で買いたいお客様をどれくらい保有しているか、 売却に向けた広告活動(チラシ、WEBなど)をどのくらい行うかは会社によって大きく変わります。 なかなか売れない場合は、一度当社にご相談下さい。
 
 
不動産を売る時に不動産会社を選ぶ基準って?
1、早く売却してくれる不動産会社 2、安心して任せられる不動産会社を選ぶ
 のがベストでしょう。
 早く売却してくれる不動産会社とは、「地域での販売力ある不動産会社」のことです。
 地域でよくチラシを配布している、インターネットでお客様を集客できるように充実している会社かどうかをチェックしましょう。 次に安心できる不動産会社です。 なかなか売れなかった場合に買取方式を採用している会社の場合は、任せても安心でしょう。 高価な不動産を売却するのですから、しっかりと任せられる不動産会社を選んでください。
 
 
不動産を売る時にかかる費用は?税金は?
 1 仲介手数料
 2 譲渡税
 3 抵当権抹消費用
 4 売買契約の印紙代
が必要になってきます。
・媒介契約の場合は「仲介手数料」が発生(売却代金の3%+6万円)
・売却利益がでた場合は「譲渡税」が発生
・住宅ローンが残っている場合は「抵当権抹消費用」が発生
・すべての場合に売買契約の印紙代(15,000円 ※注:売買金額で異なります。)が必要
 
 
住宅の売り方って種類があるの?買取制度と媒介契約の違い
住宅の売り方には、通常2種類あります。買取制度と媒介契約です。
 買取制度とは、不動産会社が住宅を直接買い取りすることです。
メリットはすぐに現金化できる、近所に知られずに売却できる、仲介手数料が不要、瑕疵担保責任が免責されるというメリットがあります。
もう一つは媒介契約です。
 不動産会社が家を買いたい人との仲介を行い、不動産会社とは媒介契約を結びます。
メリットは買取制度よりも高く売却できるケースが多いという点です。
この場合、仲介会社に手数料が発生します。
 売却金額の3%+6万円です。
 
 
不動産を売る時の流れは?
「1売却相談→2物件の調査→3査定→4媒介契約→5売却活動→6売買契約 →8代金の受領・鍵の引渡し」
という流れになります。
その前に重要なことは「不動産会社の選定」です。
どの不動産会社に任せるかで売却スピード、価格等が変わってきます。
 当社も含めてしっかりと任せられる不動産会社を選んでください。
それが決まったら、不動産の査定です。当社の売却査定は千葉不動産査定ナビの聞くだけ査定 からお申し込み下さい。 
 
<<株式会社高品ハウジング>> 〒264-0024 千葉県千葉市若葉区高品町1585-1 TEL:043-232-7342 FAX:043-232-0696